学生ががお金を借りる

学生がお金を借りる場合、18才以上の学生でかつアルバイトをしていて収入がある場合なら審査に通りやすいといえるでしょう。大手消費者金融では、専業主婦向けの融資がある様に、学生のための融資を組めるところがあります。しかし、消費者金融の融資が総量規制の対象になって以降、収入のない学生は基本的には借入をすることができなくなりました。従って、基本的には18才以上で安定した収入(アルバイトも可)があれば、学生でも融資が組むことができるため、最初から学生はお金を借りることはできないなどと考えずに、利用できそうな消費者金融等をピックアップすることが大事になります。ちなみに、一部例外を除いて、法律上未成年はキャッシングができません。 もう一方のケースも見ておきましょう。それは、18才以上の学生全員がアルバイトをしているわけではなく、完全に無収入の学生もたくさんいるということです。彼らは、お金が必要になった場合でも借り入れをすることが一切できないのでしょうか?答えはNOです。例えば、三菱東京UFJ銀行の様な大手銀行や、消費者金融でも借り入れをすることができます。「あれ?銀行はともかく、消費者金融は総量規制の対象では?」と思う方もいるでしょう。実際の申込み方法を詳しく読むと、少額の融資の場合、収入証明書が不要という融資がいくつもあります。これにより、収入証明書を提出する必要がないので、自分の年収がばれないため、審査さえ通ってしまえば、本来総量規制の対象になっているはずの無収入の人でも借り入れができるというパラドックスが生じているのです。 最後に、学生向け融資制度で、学生ローンという制度があります。その名の通り、学生のためのローンで、取り扱っている業者は数多くいます。しかし、その中身・内容は多種多様であり、良心的な業者から、そうでない業者まで多数存在しています。身内に内緒で借りた借金が膨らみ、親に連絡が行ってしまう等の事態を避けるためにも、計画的な返済計画を立ててから利用するようにしましょう。

このページの先頭へ