国からお金を借りる

日本国内において、国からお金を借りる方法はいくつもあります。しかも、国からお金を借りる場合、民間企業よりさらに安い金利やその他好条件で借入ができます。その反面、該当者はごく少数に限られているため、利用したいから利用できるといった安易な制度ではありません。しかも、そのほとんどは知名度が低く、あまり認知されていないというのが現状です。その中でも、割とよく利用されている制度は、総合支援資金と年金担保でしょう。 総合支援資金は、日本国内に居住している低所得者向けの融資制度で、失業等により日常生活全般に困難を抱えている人に対する生活支援制度です。そのため、無保証人でも銀行等よりもさらに安い金利で融資を受けることができ、連帯保証人を立てることができる人は、無利子で借入をすることができます。ただ、あくまでも生活費の支援という位置付けのため、月々の借入限度額は最高でも数十万円と設定されているため、銀行等のように大口融資を受けることはできません。 年金担保はその名の通り、年金を担保に貸付を行ってもらえる制度です。そのため、申込者は年金受給者に限られます。年金を担保に融資を受けることによって、急な出費に対応出来る様になります。返済原資は年金のため、年金受給額を一定の利率で割り引かれて、手元現金として貰える制度と言い換えることができます。 また、法人・個人を問わず、事業を行っている者は、日本政策金融公庫からお金を借りることができます。用意する書類に若干の違いがあるものの、基本的には銀行等に提出する書類一式が必要になります。

このページの先頭へ