専業主婦がお金を借りる

消費者金融からの借り入れが総量規制の対象となって以降、収入が0の専業主婦は基本的にお金を借りることができない時代になってしまいました。しかしながら、専業主婦だからといって、一切融資を受けられないかと言えばそうではありません。そこで、専業主婦でも利用できる融資制度を見ていきたいと思います。 例えば、銀行等が発行しているカードローンがあります。これらは、消費者金融が発行しているカードローンと違い、総量規制の対象外となっていますから、収入が0の専業主婦でも利用できる融資制度といえます。しかし、銀行等が発行しているカードローンの全てが利用できるというわけではありません。融資申込に関して「契約者に安定した収入があること」が条件となっている場合は申込ができませんのでご注意ください。楽天銀行やじぶん銀行、イオン銀行、セブン銀行等の様に、専業主婦でもOKという銀行もあれば、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行等の様に、契約者に収入がなくても配偶者に収入があればOKという銀行もあります。いずれにしても少額融資が前提となっています。 銀行系カードローンの融資枠では、借入額が少額すぎると思っている方は、配偶者貸付を検討すると良いでしょう。配偶者貸付とは、専業主婦/主夫のための制度で、総量規制の例外と言われていて、本人と配偶者の収入を合算した総収入の3分の1までの借入ができるという制度です。これにより収入が0の専業主婦でも、配偶者にそれなりの収入があれば、ある程度のお金を借りることができるというわけです。ちなみに申込の際には、配偶者の同意書、婚姻関係を証明する書類、配偶者の年収がわかる書類を提出する必要があります。

このページの先頭へ