消費者金融からお金を借りる

消費者金融を利用するメリットは申込から審査・融資までの時間が短いことです。そのため、急な出費が重なり、予期せぬ資金が必要になった時は利用候補の1つに挙がることでしょう。その反面、いくつかデメリットもあるので注意が必要です。

インターネットの普及と共に、申込み簡略化のスキームが出来上がっているため、一番早い申込み方法はインターネットからの申込みになります。最近では、お客様の諸事情を考慮した上で、インターネットからの申込みのみで取引が完結することが多く、即日融資を検討している方はネット申込みをすることになります。その他、従来の郵送による申込み・窓口での申込みも取り扱っているので、自分がやりやすい方法を選ぶことになります。

注意すべきことは、総量規制・金利の計算方法・返済遅延です。 法改正により、消費者金融から借入できる限度額が年収の3分の1までと決められました。これは、各社毎の金額ではなく、借入総額の限度額であるため、いざという時に追加融資が受けられないという事態を避けるような計画性が必要になります。 また、金利の計算方法は銀行等(月割り)と違い日割り計算となっています。つまり、毎日毎日借入残高に利息が加算されていくのです。上手に利用すれば月割りよりもメリットが得られる反面、大雑把な管理をしている方は利息の積み増しによる無駄な出費が増えてしまうという事態に陥ります。 最後に、返済が遅れた場合です。この場合、遅延損害金を支払うことになるだけでなく、何度も返済が遅れると個人信用情報機関に事故登録されてしまいます。これにより、新規の融資が受けづらくなってしまう状況に陥ってしまうため、返済期日は遅れない様に心掛けることが重要です。

このページの先頭へ